ハロー!ロバート・パーマー!

ブルーアイドソウルヴォーカリスト、ロバート・パーマーのファンブログ

【定期】MUST BE UKTV 19/4/26【告知】

www4.nhk.or.jp



4月26日金曜
NHKBSプレミアム 午前4時00分~ 午前5時00分
MUST BE UKTV ▽イギー・ポップ,トム・ウェイツ ほか
今回パフォーマンスを繰り広げるのは、イギー・ポップトム・ウェイツ、トム・ロビンソン、トム・ヴァーレイン、ビッグ・オーディオ・ダイナマイト、ヴァン・モリソンロバート・パーマーピート・タウンゼントの8組。





1年以上やってますね、これ。嬉しいですが。
もう片方のほうがそろそろ見たいです。

Robert Palmer - The Tube 1985

YouTubeで見られちゃいますけどねwすげー柄のギターストラップw


さて、もうまもなくパマ旅が近づいてます。すでにきんちょーしてます笑。
出発する日にこれが放送されるなんて、なんか縁を感じざるを得ないんですよね…




過去の感想はこちら
i-am-a-palmer-girl.hatenablog.com


i-am-a-palmer-girl.hatenablog.com

【告知】4/2 ジュールズ倶楽部 第140夜

さらに出遅れた~~~~~!!!!!


www.musicair.co.jp



ジュールズ・ホランドが司会を務めるBBCの人気スタジオ・ライヴ番組。今回はプリテンダーズ、ロバート・パーマーキャット・パワーらが登場。(2003年収録)



こちらも今夜、(スカパーなど)ミュージックエアにて18:00~です!
今日はパーマーデイですね!




ジュールズ倶楽部 第85夜にもパーマーさん出てるらしいっす。放送を期待してます…!

【告知】4/2 ロバート・パーマー:ライヴ・アット・ミュージックラーデン1978

出遅れた~~~~~!!!!!


www.musicair.co.jp



デュラン・デュラン、シックのメンバーと結成したパワー・ステーションのヴォーカリストとしても活躍したロバート・パーマーが1978年にドイツのTV番組「ミュージックラーデン」で行ったスタジオ・ライヴ!



今夜、(スカパーなど)ミュージックエアにて19:05~です!
見られる方はどうぞ!
Youtubeでも見られるけどね…げふんげふん)






ついに、まるみはスカパーに加入してしまったのです…。パーマーさんのために。(あとジュリー笑)
今めちゃくちゃ鬼平犯科帳見てます。中村吉右衛門さんかっこよすぎ…


そしてそして、録画機器も新調。。。

レコーダー買おうとは思ったのですがお金もないし。PS4あるから試しに、とnasne導入してしまいました。


外出先からもパパっと録画予約できるし、スマホからでもホームシェアリングで視聴もできちゃう。すごい世の中ですね。

さんがつのネイル

先月のネイル


i-am-a-palmer-girl.hatenablog.com




今月のネイルはこちら!


f:id:allymam:20190328100807j:plain:w500


f:id:allymam:20190328100803j:plain:w500


f:id:allymam:20190328100758j:plain:w500


f:id:allymam:20190328100754j:plain:w500




「Addicted to love」ネイルだー!!!
名づけてパーマー娘ネイル!!!!!
なんだこれ超かわいいぞ!!!!!
マーブル模様は背景を意識してますよ。
この楽器の精巧さ。ひらやまさんもバンド経験者なので、楽器について造詣が深いのです。。。
完璧すぎるでしょこれ…



Robert Palmer - Addicted To Love


パーマーさんといえばこの曲、そしてこのPVです。
5人の美女に囲まれてハーレム状態で歌っているパーマーさん。
このパーマーさんは以前もネイルでやったことがありますが、今回は美女たちをフィーチャー。
ていうか普通に彼女達かわいくないですか?!メイクも含め!


このブログのURLを"I am a Palmer girl"としているのもこれが元ネタです笑。
これで私も名実ともにパーマー娘の仲間入りですな!!!!!




ちなみにパーマー娘たちのその後について取材しているとても面白い記事があります。これもちゃんと読んで翻訳もしたいなあ。
www.noblemania.com






さて、来月でパーマー縛りネイルは1年経つので、いったん一区切りとしようかと思っています。まだまだやりたいモチーフたくさんあるので、まったくやらなくなるわけではないですが笑。パマネイルしたときにはまたこんな感じに記事するつもりなのでよろしくお願いしますね笑。
ということで、次回最終回!ご期待ください!

【RP News】UDO 50th Anniversary Special Exhibition 海外アーティスト招聘の軌跡

50th-exhibition.udo.jp


現在、東京・有楽町のマルイにて開催中の「ウドー 海外アーティスト招聘の軌跡」展にパーマーさんがいます。





最初無いと思ってたんですけど、ぽーっと見てたらパーマーさんを発見したんですよ。超最高。






で、やっと先日行ってきました。


f:id:allymam:20190325114449j:plain
パーン


f:id:allymam:20190325114455j:plain
パーンパーン


f:id:allymam:20190325114503j:plain
パパーン






f:id:allymam:20190325114509j:plain


ウドーが招聘したアーティスト全てがこのように展示されています。


f:id:allymam:20190325115758j:plain
ポリスのフライヤー


f:id:allymam:20190325114530j:plain
ツアー日程


f:id:allymam:20190325114549j:plain
新聞記事と併せてどんなことがあったのか確認しながら見ることが出来る


音楽はもちろんクラシカルロック!ZEPとかジャーニーとか。グランドファンクも流れてました。


f:id:allymam:20190325114515j:plain
ポール


f:id:allymam:20190325114544j:plain
ヒューイ・ルイス


f:id:allymam:20190325114541j:plain
フィックスも!


こんな人も来てたんだ~と驚くなど。


f:id:allymam:20190325114534j:plain
ゲイリー・ニューマン






f:id:allymam:20190325115803j:plain


f:id:allymam:20190325114610j:plain
洗練された本格派ロック・ボーカリスト


f:id:allymam:20190325114614j:plain


そしてパーマーさん。ロック・ボーカリストって言っていいのかな?笑
この前の来日公演もあったけどそれはキョードー東京だったのかも。




f:id:allymam:20190325114619j:plain


f:id:allymam:20190325114622j:plain
アンディ見切れちゃったごめんなさい!


f:id:allymam:20190325114625j:plain
パワーステーションもウドーだったのですね。


超嬉しくてぱしゃぱしゃ写真を撮りまくり。


f:id:allymam:20190325115806j:plain
ロジャ様!






正直、年齢層は高めでしたね。みなさん「これ行ったわ~」という会話で盛り上がっていらして。うらやましかったです。キャッチコピー「音楽の中に、あのころの自分がいる」だもんね。いいよなあ。行くも何も生まれてねーもん。




2009年以降はちょこちょこ行ったことあるライブもあって。


f:id:allymam:20190325114750j:plain
クラプトン


f:id:allymam:20190325114755j:plain
スティング




グッズもたくさんありました。


f:id:allymam:20190325114758j:plain
幻シリーズ。ウィーアーフローズンジャpp


f:id:allymam:20190325114804j:plain
グランドファンクのサイン


f:id:allymam:20190325114801j:plain
チケット


f:id:allymam:20190325114807j:plain f:id:allymam:20190325114810j:plain
バックステージパス


50周年おめでとうというアーティストからのコメントがサインつきで掲示されていましたがそこは写真不可。行って確かめてみてください。


むしろ写真不可なのはそこだけで、そのほかは全部おっけーという太っ腹?!?!?






物販もありました。が、Tシャツはこの企画のとあとは全部クラプトンです。おお…ってなった。
もちパーマーさんはグッズなぞないので、このマスキングテープを買ってきました。


f:id:allymam:20190326083034j:plain:w500


80年代、90年代のライブを記載しているのできっと名前があるはず。。。


パーマーさんだけでなくその他たくさんの展示があるので、あのころ、を思い出しにいかがでしょうか。31日までなので、もうすぐ終わってしまうのですが。。。当日券でも全然余裕かなと思います。










さて、90年代まではパネルにいっぱいいっぱい、溢れんばかりのフライヤーと公演数だったのにそれ以降になるとグッとアーティストの数も公演も減るんですよね。これはどうしたんでしょうか。90年代洋楽は苦戦してたと聞いたことがあるので、そういうことなのか?それともプロモーターの数が増えたからなのか、純粋に向こうのアーティストが来てくれなくなったのか。
びっくりするくらい減っていたので、気になった次第です。

2018年度 30日パーマーチャレンジ ③

Collected

Collected



前回に引き続き・・・








Day21~30






―ちなみにsallyには魅力的な女性という意味や動詞で反撃するという意味もあるそうです。alleyと韻を踏んでるのもいいですよね。







―こういうどファンク、めちゃくちゃ好き。本当に好き。思わず身体が動きます。







―本当の本当に名カバーだと思います。この曲にRPの音楽に対する姿勢とか思いを感じるんですよね…











…と熱く語っていますが、今も気持ちは変わりません。







―やっぱり、パワステ、見てみたいよね。







―彼のことを思って寂しくなると、この曲が聴きたくなって、彼の声とメロが胸に沁みるんです。







―R&Bというとやっぱりベッドミュージックじゃないですか。だからぴったりなアルバムがもう『Rhythm&Blues』なんですよ。その全曲って言いたいくらいだったんですが、結構はまって聴いていたしタイトルからそのままだったのでこれにw







―本当にこの曲好きで…美しすぎる…







―声が好きだからファンなのですが?????と思いましたが冷静になっておすすめを。初めて聴いたときの衝撃を忘れられないです。新録版でしたけど。は?????歌上手くない??????意味わかんないんですけど???????ってなりました。







―小さい頃っていうと本当に幼い頃を指すと思うんですけど、あんまそういう曲ないんで無理やりひねり出した感がありますね。。。でもこの先生いなかったら、きっとパーマーさんにはまってないです。







―これも実際よくわからなかったんだけど、自分自身を思い出すというのを、初心を思い出す、みたいな感じと仮定して、こうありたいな、っていう曲にしました。そういうのにぴったりじゃないですか?これ。








はい。以上です。よくやりましたね~。結構無理あったところも多いですが。
満遍なく曲提示できてるか、記録してみます。あっ、Driveは聴いていないのでそれ無しでお願いします。。。



  • Sneakin' Sally Through The Alley → 2曲
  • Pressure Drop → 3曲(カバー含む)
  • Some People Can Do What They Like → 2曲
  • Double Fun → 1曲
  • Secrets → 1曲
  • Clues → 2曲
  • Maybe It's Live → 1曲
  • Pride → 1曲
  • Riptide → 3曲
  • Heavy Nova → 1曲
  • Don't Explain → 4曲
  • Ridin' High → 1曲
  • Honey → 1曲
  • Rhythm & Blues → 1曲
  • その他 → 6曲





わりと満遍なくやってない?!気にしすぎるが故に『Don't Explain』が多くなってしまった感もある。本当はここにDriveが入るべきなんですけどね。。。すみません。


絶対リベンジします。
ただ、今、一つ言えることは、パーマーは最高ってことです。

2018年度 30日パーマーチャレンジ ②

Heavy Nova

Heavy Nova



前回に引き続き・・・








Day11~20






―いまだにダントツの再生数を誇るこの曲。マジで好き。聴いて。







―『Rhythm&Blues』発売したときがこのあたりの年齢でした。なのでどれあげてもドンピシャなんですけど、タイアップついてたし。







―この言葉の通りなんですけど、70年代のアルバム数枚あるけど、一番70年代を感じるのがこの曲だったんですよね。しゅき。







―まだフリーなんですけど、、、やっぱり最高のラブソングです。







―パーマーさんがカバーした曲なんてたくさんあるので、逆にカバーされた側はどうだろう、と思ったんですよね。「Give Me an Inch」のチョイスがとってもいいな、と思って。







―なんかあったんですよ、この頃。。。で、間が空いてしまって。チャレンジはもはや失敗なのですが。でも続けた。
ガーシュインすらも範囲内。それがロバート・パーマー







―クリスマスも近かったので。
この曲スタンダードと知らなくて、





アヅマミツヨシさんで初めて聴いたのです。飲まないか味噌汁、ってめっちゃ良い。







―完全に同い年の曲。年がばれますね。







―急に難しい質問になる。RP以外でも悩むよこのテーマ。好きな事できるのはそんなにいないって歌だけど、パーマーさんはsome peopleのうちの1人だよな~。







―またしても難しい。チャンス逃さずつかみとっていこうぜ、みたいな感じでもあるし運がいいやつは一握りだぜって感じでもあるし、まあ人生そんなもんよねって感じとしてこの曲にしました。むず~~~






第二弾終了。
次回に続く。